40代での名古屋転勤は栄転か左遷か(上)

Pocket

名古屋への転勤を言い渡された私。

正直、まったく想定していなかった人事だったので、聞いた瞬間、頭が真っ白になりました。

妻も仕事をしていますし、上の子供は中学校に入ったばかり。家の新築に着手したばかりという最悪のタイミング。言い渡した上司には、殺意すら感じました。

ふざけんな。人の人生なんだと思ってるんだ~

と心の中で叫びました。ただ、転勤はサラリーマンの宿命。上司からも、「個人の事情をいちいち聞いていられない」と言われてしまいました。一応、従業員規則を読んでみました。すると、、、

正当な理由なくして、拒否することはできない。

との一文が。正当な理由というのは、明記されてませんが、たとえば家族が重い病気であるとか、介護してるとか、そういうものでしょう。子供が生まれたばかりとか、家を買ったばかりとか、そういう理由では拒否するのは難しいでしょう。

ということで、転勤は受け入れざるを得ないと覚悟を決めました。

幸い、家族は理解してくれたのですが、私自身がなかなか納得できませんでした。特に、お世話になった方に報告した際に発せられる言葉、

ご栄転おめでとうございます。

これが素直に受け止められなかったんですよね。同期でも優秀と見なされている人たちは皆、東京から一歩も離れず、昇進・昇格を繰り返している。それなのに俺は名古屋かよ。。。という気持ちが、どうしても抜けませんでした。

左遷じゃないのか。厄介払いなんじゃないか。

もやもやは、ちっとも晴れません。そんなとき、一通のメールがamazonさんから届きました。

以下のおすすめ商品は、お客様がこれまでに購入された商品、またはご覧になられた商品に基づいて紹介させていただいています

という一文に続いて、紹介されていた本は、次の3冊でした。

左遷論 – 組織の論理、個人の心理 (中公新書)

新品価格
¥886から
(2018/10/14 17:52時点)

 

いらない部下、かわいい部下 (日経プレミアシリーズ)

新品価格
¥918から
(2018/10/14 17:53時点)

左遷社員池田 リーダーになる~昨日の会社、今日の仕事、明日の自分~

新品価格
¥1,404から
(2018/10/14 17:54時点)

心の中を見透かされているようで、頭を打ちのめされました。私は、転勤の内示を消化しきれずに、知らず知らずのうちに、ネットで「左遷」「いらない社員」などと検索していたのです。

長くなってきたので、続きは次回にさせてください。

 

Pocket

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です