Pocket




ホンダ・フリードを約240万円で買った話の続きです。

フリードは、5ナンバーながら3列シートを備えるコンパクトミニバンで、6人乗りと7人乗りがあります(旧モデルには8人乗りもあったんだけど、モデルチェンジでなくなった)。うちのように、5人家族で、かつ親を乗せたりする機会 の多い場合は重宝します。

ライバルと言えるのは、トヨタのシエンタくらいしか存在しない上、2016年にモデルチェンジしたばかりとあって、値引き幅は非常に小さく、「せいぜい14万円くらい」という噂(ネット情報)でしたが、意外とあっけなく引いてくれました。

そのコツですが、、、

コツというほどのものはなく、、、

昔、新車を買った同じセールスマンに連絡を取って、

「久しぶりに新車を買うが、是非またあなたから買いたい。がっかりさせない価格を一発で出してね」

とお願いするというものです。この手法で、ネットで「限界値引き額」として書かれていた「24万」の値引きが出ました(厳密にはちょっと届いてませんけど)。

始めて車を買う人の場合は、ご両親や学校の恩師が付き合っていた営業担当者に連絡するといいかもしれませんね。相手が勤めるディーラーが、遠ければ遠いほどいいです(あまり遠すぎると非現実的ですが。私の場合は車で1時間くらい離れているところで働いてらっしゃいました)。

今にして思えば、ドライブレコーダーとか、点検パックとか付けてもらえば良かったな~と思うんですけどね。

「私たちはまだトヨタのシエンタを見ていない。気持ちはフリードに傾いているが、明日シエンタを見て、それから最終判断をしたい」

と言ったうえで

「ただ、もう一声、何かサービスしてくれれば今日フリードに決めても良い」

などと言えば、あと数万円引き(または数万円分のオプション)は取ることができたように思います。交渉中にはこの会話の運び方は思いつかなかったな~。

これから買われる方は、ぜひ試してみて下さい。

 




Pocket

  • 藤井四段は斜陽産業の救世主になれるか
  • 楽天ポイントが失効してた(怒)
  • ホンダ・フリードで約24万円の値下げを引き出したけど、粘ればもう少し下がりそうだった
  • 金食い虫だって知ってるのに車を買ってしまったバカな私
  • 斜陽産業で働いているのに、3人目の子供をもうけた理由
  • 読まれる記事、読まれない記事
おすすめの記事
ニュースをみて感じたこと
ネットサーフィンしていたら、酉年生まれが十二支の中で最も少ないというニュースが目に留まりました。総務省の統計が12月末に出ていたようです。 ...
つぶやき
久しぶりの更新となってしまいました。 更新がしばらく止まっていたのは、このブログとほぼ同時期に始めた別のブログのアクセスが急に伸びてしまい、...
自己紹介
約20年前に新卒で入った会社で今も働いています。2017年になったことを機に、何か新しいことを始めたいと思い、このブログを始めました。多くの...
ニュースをみて感じたこと
スイスで世界経済フォーラムの年次総会が始まった。いわゆるダボス会議である。今年の目玉は、中国の習近平・国家主席が参加することらしい。3年前の...
つぶやき
経営が傾いてきた企業がよく言いがちなキーワード。それが「本業回帰」です。個人的に、大変危険な言葉だと思ってます。その会社の本業が、将来性にあ...