「斜陽産業の経営者に聞かせたい名言・格言」で打線組んだ

Pocket

打線組んだシリーズ第4弾は、「斜陽産業の経営者に聞かせたい名言・格言」。ではいってみましょう。

  1. 【中】権力は腐敗する(英国の歴史家、ジョン・アクトン)まず最初に、この言葉を聞いてください。いったい何年やれば気が済むんでしょうか。長期政権の末路は悲惨ですよ。
  2. 【二】愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ(ドイツの宰相、ビスマルク)手痛い失敗を自分でしないと分からないんですかね。カジノで大損したどこだかの製紙メーカーの御曹司みたいですね。
  3. 【右】ローマは一日にしてならず(出典不明)すぐに結果を出せと言われても、無理です。
  4. 【三】やってみせ、言って聞かせて、させてみて、褒めてやらねば、人は動かず(海軍大将、山本五十六)上から目線でえらそうに言ってないで、まずお手本を見せてくれるとうれしいです。
  5. 【一】この世で難しいのは、新しい考えを受け入れるのではなく、古い考えを忘れることだ(英国の経済学者、ジョン・メイナード・ケインズ)昔は昔、今は今ですよ、先輩。
  6. 【遊】巧言令色、鮮(すくな)し仁(中国の思想家、孔子)口先だけの人間はろくでもない奴なので、重用するのやめてください。すり寄ってくる人間が、なんでそんなに好きなんですか。
  7. 【捕】将来について分かっている唯一のことは、今とは違うということだ(オーストリアの経営学者、ピーター・ドラッカー)付け足す言葉はありません。
  8. 【左】本気の失敗には価値がある(「宇宙兄弟」の南波六太)真剣に取り組んだのに、結果だけでを見てねちねち駄目出しを続けられると、やる気失っちゃいます。
  9. 【投】あきらめたらそこで試合終了ですよ(「スラムダンク」の安西先生)トップに弱音を吐かれたら、下はどうしたらいいんですか。斜陽産業なのに自信満々でも困りますけど。

昔の人はいいこといいます。日本のマンガにも、いいセリフが満載(と言いつつ、最後の二つは苦し紛れです。本当にすいません)。

ほかにもいい言葉があったら、ぜひ教えて下さい。

Pocket

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です